Hakodate CHUBU high school

ご挨拶

~ご挨拶~
 明けましておめでとうございます。皆様には健やかに新年を迎えられたことと思います。

 元号が令和に変わり、まさに新しい年のスタートであります。ご承知の通り、全国的に一部の大都市圏を除き人口減少が顕著になってきております。函館市も一時は30万人を超えていたこともありましたが、現在は25万人台と減少を余儀なくされております。

 函館中部高等学校も1学年の間口が500人という時期もありましたが、現在は240人となり、来年には200人になる予定です。

 このようになってくると、当然、教職員の数にも影響がありますし、進学状況やクラブ活動にも大きな動きが出てくるものと思われます。

 東高校と北高校の統合、西高校と稜北高校の統合など高校の統合の流れが函館では始まっています。将来のことはわかりませんが、歴史と伝統を誇る中部高校そして白楊ヶ丘同窓会を見守っていきたいものと望んでいます。

 最近の函館は、85年の長い間市民に親しまれてきた棒二森屋デパートが営業を終え、賑わいのあった駅前、大門地区がより寂しくなりましたが、10年後の北海道新幹線の札幌までの延伸の情報や、観光都市函館の魅力などから駅周辺での複数のホテルの新築、そして駅舎の後部の大型客船埠頭の整備などの明るい話題も聞こえています。定住人口の減少を交流人口の増加で補うなど、中心市街地に賑わいが戻ることが期待されます。

 白楊ヶ丘同窓会の皆様におかれましても、故郷函館や母校中部高校の現況に関心をもっていただき、同期会やクラス会など機会をつくり函館に足を運んでいただければ幸いです。このようなことが同窓会の発展につながるものと思われます。

 白楊ヶ丘同窓会は今年も、札幌、宮城、東京、そして関西の各支部と連携を取りながらその活性化に心掛けたいと思っております。なお、今年の同窓会の総会は、令和2年9月26日(土)18:00 末広町 五島軒 において開催します。皆様のご出席を期待しております。

令和2年元日

白楊ヶ丘同窓会

    会 長   石 井  直 樹



函館中部高等学校

PAGETOP
Copyright © 函館中部高等学校 白楊ヶ丘同窓会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.