函館新聞で取り上げられました

1年生3人 伝統受け継ぐ 函中部高校内誌「学叢」最新号編集

2015年度に創立120周年を迎える函館中部高校(千原治校長、生徒701人)で、校内誌「学叢(がくそう)」最新号の編集作業が終わった。学校創成期の1899年(明治32)年に創刊。同校の総合文化誌として、戦前は論文や研究文、現在は創作作品を中心に掲載し、地域の教育史資料としての側面も持つ。編集を担う学叢局には1年生3人が在籍し「学びの草むら」を意味する誌名の伝統を受け継いでいる。

記事全文

 

63期のホームページでも紹介されています

函館中部高校・函中63期だより

Tagged:

Comments are closed.